BE studio 通信

2019/01/10

早期英語教育のメリット

BEstudio ニュース

早期英語教育のメリット

記事の内容

2018年4月より始まった小学校の英語教育改革や国際社会でグローバルに活躍できる人材のニーズが高まる中、「わが子の英語教育は、いつから始めればいいの?」とお感じの乳幼児のおうちの方も多くいらっしゃると思います。今回は、早期英語教育のメリットについてお伝えします。

目次

  1. 1)世の中の早期英語教育の動き
  2. 2)英語教育改革で変わる子どもたちの学び
  3. 3)早期英語教育のメリット
  4. 4)ビースタジオの乳幼児クラスについて

1)世の中の早期英語教育の動き

2020年度に小5、6年で正式強化になり、大学入試で英語の試験は英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)の力を問う試験へ変わることを受け、保護者の方の英語教育の関心が、近年強くなっています。

ベネッセの英語教室 ビースタジオでも、大阪府茨木市のイオンモール茨木プラザと東京都墨田区のオリナス錦糸町プラザが、乳幼児向けのコースを開講している英会話教室の1つとして取材を受けました。

記事の内容からすると、もはや「早期英語」を意識しているのは、我々ような英語教育サービス提供者だけではなく、一般の方にも広がりを見せていることがわかります。

読売新聞関西版:2018年11月28日掲載「乳幼児の英語学習 加速」

■読売新聞関西版:2018年11月28日掲載「乳幼児の英語学習 加速」

読売新聞関東版:2018年11月29日掲載「乳幼児英会話 はやる親心」

■読売新聞関東版:2018年11月29日掲載「乳幼児英会話 はやる親心」

2)英語教育改革で変わる子どもたちの学び

次に、英語教育改革で何が変わるのか、おうちの方が知っておくべきポイントをご紹介します。

小学校

小学校

より高いレベルの「聞く・話す」力が求められる。

英語教室に通うなら、英会話はもちろん、 「英語教育改革」で本格化してきている学校の英語授業でも活躍できる英語力を身につけられる英語教室がお奨めです。

中学校

中学校

英語の授業は基本的には英語で行われるように。

試験も従来の文法・単語の知識を問う内容に加えて、「聞く・話す」力も問われるものも増加すると言われています。

高校

高校

授業内容が高度になり、ディベートも。

中学校と同様、英語の授業は基本的に英語で行われ、さらに英語でのディスカッションや発表など、内容もかなり高度になっていきます。

大学入試

2020年度入試から現行の「聞く・読む」の2技能を測るマークシート式の試験に加えて、大学入試センターが認定する4技能を測れる民間の資格・検定試験(「GTEC」や英検、TOEFLなど)を活用することが可能になります。

3)早期英語教育のメリット

小学校

早期に語学教育を開始するメリットというのは間違いなく存在します。

リスニングスキルと発音が伸びる

個人差はありますが、0〜4歳ぐらいまでの幼児は「聞こえたまま、まねをする」ことがとても得意です。

英語の意味や単語ごとの区切りなどに気をとらわれず、英語を英語のまま聞いて、聞こえたままを口に出してみることができます。また、乳幼児の頃から、英語の音をたくさん聞くことで、日本語には存在しない音を聞き取る力が身につきやすくなります。また、聞こえた英語をそのまままねることで、英語の発音に適した口や舌の筋肉の動かし方も、より身につきやすいといえるでしょう。

<伸ばすポイント>

お子さまが英語を英語のまま聞いて、聞こえたままを口に出すことを促し「私も、やってみたい!」気持ちになることが大切です。

小学校

ビースタジオの乳幼児クラスでは、一緒に英語を学ぶ仲間としてしまじろうやMimiといったキャラクターを乳幼児クラスに取り入れています。キャラクターが英語で遊んだり、英語を話したりする姿を見て、一緒にやりたくなる気持ちを引き出します。

乳幼児だからこそ、自然に身につく英語

リスニングや発音の他にもメリットがあります。それは、日本語にはない冠詞や可算名詞、不可算名詞などの使い分けも、大人になってから知識として学ぶのではなく、聞こえたままにまねをすることで、自然とかたまりとして身につけていくことができます。

私たち大人は「文字」というものを持っているので、文を作る時は、頭の中で文字化してしまいます。たとえば “I like dogs”という言葉も、すでに文字を獲得した大人は「アイ ライク ドッグス」と、1単語ずつ、1音節ずつに分解して、近い日本語の音に置き換えて認識しようとしてしまいがちです。しかしまだ文字を持たない幼児は、“I like dogs.”を、かたまりとして聞いて、そのかたまりのまま、聞こえた音をまねることができるのです。

<伸ばすポイント>

乳幼児は、発達段階的に日本語も習得する途中にあります。ですから、日本語か英語か判断ができなくとも耳で聞いた言葉をまねすることができます。しかし、教える側が「今から英語を教えるぞ!」と気合が入った瞬間、お子さまが身構えてしまってうまく伸びていかないことも。

ビースタジオでは、お子さまが楽しい遊びの中で、耳で聞いた言葉をまねする環境をご用意します。お子さまが、安心感の中で当たり前のように英語にふれる工夫がいっぱいのレッスンで、英語を英語のまま聞き取って、英語らしい音で、かたまりとして口に出すことができていくようになっていきます。

小学校

例えば、ベビーコースであれば、大好きなおうちの方と一緒に、歌や絵本、ゲームなどの豊富なアクティビティで先生がお子さまの「英語をまねっこしたい!」の気持ちを引き出したい。おうちでできる楽しい英語あそびや、教材の上手な使い方をお伝えする「ケアリングタイム」も充実しています。

小学校

幼児コースは、この時期のお子さまが大好きな歌、ダンス、ごっこ遊び、クラフト、読み聞かせなど、五感を刺激する豊富なアクティビティを英語で行います。先生やお友だちと一緒に楽しく自然に英語をインプット&アウトプットすることで「英語ができた!」という気持ちが自信となり「英語が楽しい!好き!」という気持ちを育みます。

4)ビースタジオの乳幼児クラスについて

くわしくは、コース紹介ページをご覧ください。

ベビーコース(9か月~3歳※)https://benesse-bestudio.com/courses/baby/

幼児コース (3歳~6歳※) https://benesse-bestudio.com/courses/kids/

※年齢は目安です。

ビースタジオでは、只今、春の早期入会キャンペーン中です!

春の早期入会キャンペーン

この機会にぜひ、お近くの教室で無料体験レッスンをお試しください!

↑

無料体験レッスン
からはじめてみませんか

レッスンの内容や教室の雰囲気を知っていただくために、
実際のレッスンを受けてみることをお勧めしています。

教室がお決まりの場合は
無料体験レッスンを申し込む

ご質問やご相談も気軽にお電話ください!
0120-815(えいご)-896(はぐくむ)

受付時間 10:00~18:00(日・祝・年末年始を除く)

※電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。
※通話料は無料です。

※一部のインターネット回線からは03-6633-8536へおかけください。(ただし通話料がかかります)

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の取り扱いについて>
ご提供いただく個人情報は、お申込みいただいた商品のほか、学習・語学の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは個人情報お問い合わせ窓口(0120-815-896通話料無料、日・祝・GW・夏期・年末年始など所定の休日を除く、10時~18時)にて承ります。
(株)ベネッセビースタジオ 個人情報保護責任者

提携企業が運営する教室をお選びの場合、ご希望の教室から直接お客様にご連絡するために、ご連絡先等の情報を弊社から提携企業に提供することがあります。ご提供いただいく情報は、弊社および提携企業それぞれで適切に管理・利用いたします。

上記をご承諾くださる方はご記入ください。

  • ※当サイト内でご紹介した内容は変更になる場合があります。
  • ※<Benesseこども英語教室>と<こども英会話のミネルヴァ>が1つになりBE studio(ビースタジオ)になりました。

情報セキュリティ強化 最新の取り組み状況

Copyright © Benesse BE studio Inc. All rights reserved.