小学34年生※年齢は目安です (小学校中学年)

ロールプレイやゲームなどの対話型アクティビティで、単語・フレーズを使いこなす。プレゼンテーションにも挑戦!

ロールプレイやゲームなどの
対話型アクティビティで、
単語・フレーズを
使いこなす。
プレゼンテーションにも挑戦!

「聞いてわかること・言えること」を増やし、臆することなく英語を話す自信をつけるレッスンです。型にはまった会話練習ではなく「知りたいことを聞き」「伝えたいことを話す」形式のペアワークやプレゼンテーションで英語の生きたコミュニケーションを体感!

  • 「よく使う単語・フレーズ」を
    使いこなし「聞く」「読む」
    「話す」「書く」力を養う

    「よく使う単語・フレーズ」を使いこなし「聞く」「読む」「話す」「書く」力を養う
    小学校5年生からだった外国語活動が、3年生からの必修と早期化(2020年完全実施予定)。教室では、英語でのプレゼンテーションにも挑戦し、頻出単語や既習単語を読んだり、書いたりすることにも挑戦します。学校の授業でも自信を持って臨めます。
  • 自分の言いたいことを伝える
    心の通うコミュニケーション

    自分の言いたいことを伝える心の通うコミュニケーション
    相手に伝えたいことを考えて、英語で表現する練習を行います。
  • 自律的な学習習慣をつける
    ホームワークも
    動機づけとセットで

    自律的な学習習慣をつけるホームワークも動機づけとセットで
    自分で取り組んだホームワークを、先生がしっかりと確認し、毎回、ほめてくれます。 この経験の積み重ねが、「もっと学びたい」気持ちにつながります。

学校教育の変化
に不安を感じている方必見!
英語教育改革で変わる子どもたちの学び

小学校
より高いレベルの「聞く・話す」力が求められる

今まで小5・6で行っていた外国語活動を小3・4へ前倒し、小5・6からは英語が教科化され、2018年度4月から移行措置が始まりました。

小学校でふれる語数は600~700語。現在中学校で扱う語数が1,200語程度ですから、小学生のうちからずいぶんたくさんの語いを使って、「聞く・話す」活動をすることになります。

中学校
英語の授業は基本的には英語で行われるように

試験も従来の文法・単語の知識を問う内容に加えて、「聞く・話す」力も問われるものも増加すると言われています。

高校
授業内容が高度になり、ディベートも

中学校と同様、英語の授業は基本的に英語で行われ、さらに英語でのディスカッションや発表など、内容もかなり高度になっていきます。

大学入試
大学入試でも4技能を問われるように

センター試験に代わる「大学入学共通テスト」では国語・数学では記述式問題が導入されるなど、大きな変化があります。英語では4技能(読む・聞く・書く・話す)をバランスよく習得していくことも重要です。

学校で学ぶ英語が高度になるほど、差がつく可能性もあります。お子さまが英語学習を楽しめるよう、早めの準備が大切になってきます。英語が学習になる前に、始めることをおすすめします。

※大学入試に関しての情報は、2019年11月1日現在のものです。
※「GTEC」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。

お子さまにあったスタイルで学べる 2つのプログラム

Intermediateコース

Intermediateコースメイン写真

ふれる・聞く
ことば

1440

言えるようになる
ことば

310

  • 教室タイプ

    • ホーム校
    • プラザ校
    • 提携校
  • 定員

    68

    ※定員は教室により異なります。
  • レッスン時間

    週1回
    60

    (年間42回)

プログラムとは

日本人先生(スタンダード)

主に日本人の先生によるオールイングリッシュのレッスン。
お子さまの表情や日本語でのつぶやきもキャッチし、英語で言えるように導けるのも日本人講師ならでは。伝わる喜びを感じながら「もっと話したい」意欲を高め、いきいきと学び続ける姿勢を育み、英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」力を積み上げます。

外国人先生(インターナショナル)

日本人とは違った文化を持つ外国人の先生によるレッスン。
「クラフト制作」や「プレゼンテーション」など英語をつかって体験することに重点を置いた体験型のレッスンです。外国人の先生に「英語で意思疎通ができた!」という喜びは、お子さまの自信につながります。

教室タイプとは

ホーム校

先生のご自宅で開講されていることが多いホーム校。
お預かりするお子さまが卒業されるまで通える「第2の家」として。 “近所の運動会にもよばれる”地域に信頼される先生が、おうちのかたと一緒に、おうちのかたの近くで、 お子さまの成長をサポートし続けます。

また、同じ地域で生活しているホーム校の先生は地域の情報通! 近所の小学校で行われている英語の授業情報なども聞かせてもらえるかも!?

■ホーム校はこんな方におススメ!
・一人の先生にずっと長く教えてもらいたい
・小学生になったら一人で通ってもらいたい
・お友だちの家に遊びにいくようなアットホームな環境がよい

プラザ校

スーパーやショッピングセンター内に開講されていることが多いプラザ校。
日本人先生、外国人先生が選べる教室も。レッスン中は駐車場が無料になる教室もあるので、遠くからでも通いやすいです。

また、教室によっては2教場以上の大型プラザ校も。開講曜日やコースが豊富にあるので、習い事が多いお子さまも、ご都合のつく時間帯が見つかりやすいです。

■プラザ校はこんな方におススメ!
・0歳から英語を始めさせたい
・外国人先生のコースを選びたい
・レッスン中にちょっとした買い物を済ませたい

提携パートナー校

ビースタジオの提携パートナー社が運営する教室です。Standardプログラムを開講しています。
弊社のプログラムの良さに加えて、各地域の教育を知り尽くした提携パートナー社のノウハウを活かしたサービスを提供しています。
※ビースタジオには(株)ベネッセコーポレーション、(株)ベネッセビースタジオが運営する教室と、各地域の教育事業社等が運営する提携パートナー教室がございます。

オールイングリッシュのレッスンで、
たっぷり「聞く」「読む」「話す」「書く」

社会や理科等のテーマを英語で学ぶCLIL(クリル)活動を採用。「英語“を”学ぶ」のではなく「英語“で”学ぶ」ことも楽しめるように。「読む・書く」の力も少しずつ強化し、英語の4技能をバランス良く伸ばしてお子さまの自信につなげていきます。

※CLIL(クリル)とは、内容(社会や理科などの強化、時事問題や異文化理解などのトピック)と言語(実質的には英語)の両方を学ぶ教育方法です。

レッスンの流れ(一例)

1回のレッスン時間 60

  • ウォームアップ 10
  • コースブック 17
  • アクティビティ 15
  • ワークブック 15
  • まとめ 3
  • 10ウォームアップ

    あいさつ、天気、日にち・曜日などのよく使う表現を使って会話しながら、英語の世界に頭を切り替えていきます。

    ウォームアップ
  • 17コースブック

    コースブックのストーリーをしっかり聞いた上で、登場人物になりきってロールプレイを行うなど、英語をたくさん口にします。

    コースブック
  • 15アクティビティ

    カード等を使ったゲームを通じ、重要表現を使ったやりとりをすることで定着を図ります。毎月1回はプレゼンテーションも。

    アクティビティ
  • 15ワークブック

    音と文字の結びつきを歌などを通して楽しく体感的に学びます。実際に単語や文を書く活動もあり、定着をめざします。

    ワークブック
  • 3まとめ

    今日のレッスンのまとめをします。

日本人先生 
スタンダード プログラムのポイント

  • スタンダード プログラムのポイント1
    日常生活を舞台にした教材で自然な会話を身につけ、さらに覚えた表現を使って、自分を表現するプレゼンテーションにも挑戦。英語を実際に使ってみるシーンがたくさん。
  • スタンダード プログラムのポイント2
    英語の型を機械的に練習するのではなく、「聞きたい気持ち」「言いたい気持ち」を引き出す活動で、楽しいコミュニケーションが体感できます。

教材ラインナップ※Intermediate Basic Courseの場合

  • Course Book

    マンガ形式で興味を持ちやすいストーリーを通じ、月ごとに重要単語・表現を身につけていきます。

    Course Book
  • CD

    コースブックに登場するお話やチャンツの音声を収録。ご家庭でもくり返し英語の音にふれられます。

    CD
  • Workbook

    音と文字の結びつきの学び(フォニックス)を深めます。後期には文中の単語の読み書きを行い、文を完成させるワークも。

    Workbook

    ※教材のデザイン・内容は変更となる場合がございます。

Juniors2コース

Intermediateコースメイン写真
  • 教室タイプ

    • プラザ校
  • 定員

    68

    ※定員は教室により異なります。
  • レッスン時間

    週1回
    60

    (年間40回)

プログラムとは

日本人先生(スタンダード)

主に日本人の先生によるオールイングリッシュのレッスン。
お子さまの表情や日本語でのつぶやきもキャッチし、英語で言えるように導けるのも日本人講師ならでは。伝わる喜びを感じながら「もっと話したい」意欲を高め、いきいきと学び続ける姿勢を育み、英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」力を積み上げます。

外国人先生(インターナショナル)

日本人とは違った文化を持つ外国人の先生によるレッスン。
「クラフト制作」や「プレゼンテーション」など英語をつかって体験することに重点を置いた体験型のレッスンです。外国人の先生に「英語で意思疎通ができた!」という喜びは、お子さまの自信につながります。

教室タイプとは

ホーム校

先生のご自宅で開講されていることが多いホーム校。
お預かりするお子さまが卒業されるまで通える「第2の家」として。 “近所の運動会にもよばれる”地域に信頼される先生が、おうちのかたと一緒に、おうちのかたの近くで、 お子さまの成長をサポートし続けます。

また、同じ地域で生活しているホーム校の先生は地域の情報通! 近所の小学校で行われている英語の授業情報なども聞かせてもらえるかも!?

■ホーム校はこんな方におススメ!
・一人の先生にずっと長く教えてもらいたい
・小学生になったら一人で通ってもらいたい
・お友だちの家に遊びにいくようなアットホームな環境がよい

プラザ校

スーパーやショッピングセンター内に開講されていることが多いプラザ校。
日本人先生、外国人先生が選べる教室も。レッスン中は駐車場が無料になる教室もあるので、遠くからでも通いやすいです。

また、教室によっては2教場以上の大型プラザ校も。開講曜日やコースが豊富にあるので、習い事が多いお子さまも、ご都合のつく時間帯が見つかりやすいです。

■プラザ校はこんな方におススメ!
・0歳から英語を始めさせたい
・外国人先生のコースを選びたい
・レッスン中にちょっとした買い物を済ませたい

提携パートナー校

ビースタジオの提携パートナー社が運営する教室です。Standardプログラムを開講しています。
弊社のプログラムの良さに加えて、各地域の教育を知り尽くした提携パートナー社のノウハウを活かしたサービスを提供しています。
※ビースタジオには(株)ベネッセコーポレーション、(株)ベネッセビースタジオが運営する教室と、各地域の教育事業社等が運営する提携パートナー教室がございます。

テーマにあわせたロールプレイで対話力をつける

家族や学校など、身近なテーマに合わせたロールプレイをたっぷり行い、重要な表現をくり返し口にして身につけていきます。例えば、「1日の予定」を聞いたり答えたりする表現を学び、それを使って自由なやりとりをくり返し、シーンのイメージとともに表現の幅を広げていきます。

レッスンの流れ(一例)

1回のレッスン時間 60

  • ウォームアップ 10
  • フォニックス・ストーリー 15
  • アクティビティ・ワーク 20
  • プレゼンテーション 10
  • まとめ 5
  • 10ウォームアップ

    これまでに学んだマインドを使って先生やお友だちとやり取りをします。英語のスイッチに切り替えたあとは宿題のチェック。分からなかったところや間違えたところを確認します。

    ウォームアップ
  • 15フォニックス・ストーリー

    発音と文字の関係性を学び、読める・書ける単語を増やしていきます。ストーリータイムでは、くり返し聞いて理解した文章をロールプレイします。

    フォニックス・ストーリー
  • 20アクティビティ・ワーク

    テーマに基づいた語いやフレーズを使い、先生やお友だちに質問したり質問に答えたり、ペアワークなどのアクティビティでコミュニケーション力を高めます。

    アクティビティ・ワーク
  • 10プレゼンテーション

    学習したテーマについて、みんなの前で自分の考えを一人ずつ発表し、「伝える力」を伸ばします。

    プレゼンテーション
  • 5まとめ

    今日のレッスンのまとめをします。

外国人先生 
インターナショナル プログラムのポイント

  • インターナショナル プログラムのポイント1
    家族や学校などの身近なテーマでロールプレイを行い、プレゼンテーションにも挑戦します。フォニックスにも取り組み、英語らしい発音で自分が話したいことを伝える力を積み上げます。
  • インターナショナル プログラムのポイント2
    例えば「道案内」などの、ある状況においてよく使う表現の型を身につけたら、それを使ってフリーなやりとりをくり返し、使うシーンのイメージとともに、表現の幅を広げていきます。

教材ラインナップ

  • Student Book

    楽しいイラストや写真、音声を用いて、よく使われる語いやフレーズを学びます。子どもたちの知的好奇心をくすぐり、英語はもちろん、「なに?」「なぜ?」と自分で考える力も伸ばします。

    Student Book
  • Workbook

    その日に学んだキーワードやキーフレーズを使って、英語を書くトレーニングをします。

    Workbook
  • Worksheets

    その日に学んだレッスンのテーマについて自分で考え、話す(発表する)ためのワークシートです。また、ご家庭での定着学習にもお使いいただけます。

    Worksheets
  • Readers

    英語で物語を聞くことを通して、楽しく自然に英語の「耳」を形成し、少しずつ英語で理解する素地を養います。

    Readers

    ※教材のデザイン・内容は変更となる場合がございます。

使える英語4技能を測る
個別指導にいかすしくみ

BE studioでは、英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」の力を可視化する「GTEC Junior」を年1回受検します。

お子さまが受験される2020年度以降の大学入学共通テストでは「聞く・話す・読む・書く」の4技能評価が検討されています。これに先駆け、BE studioでは、小・中学校でも導入されている「GTEC Junior」で年1回、お子さまの4技能の力を測っています。

タブレットで楽しく取り組み
結果をもとに一人一人の
課題や目標に合わせて指導

スコアレポートには、今後の学習にいかせる具体的なアドバイスが4技能ごとに。これを参考に先生がレッスンや家庭学習のアドバイスを行います。その結果、効果的に英語力を積み上げることができます。

※「GTEC」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。

無料体験レッスン
からはじめてみませんか

レッスンの内容や教室の雰囲気を知っていただくために、
実際のレッスンを受けてみることをお勧めしています。


教室がお決まりの場合は
無料体験レッスンを申し込む

ご質問やご相談も気軽にお電話ください!
0120-815(えいご)-896(はぐくむ)

受付時間 10:00~18:00(日・祝・年末年始を除く)

※電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。
※通話料は無料です。

※一部のインターネット回線からは03-6633-8536へおかけください。(ただし通話料がかかります)

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の取り扱いについて>
ご提供いただく個人情報は、お申込みいただいた商品のほか、学習・語学の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは個人情報お問い合わせ窓口(0120-815-896通話料無料、日・祝・GW・夏期・年末年始など所定の休日を除く、10時~18時)にて承ります。
(株)ベネッセビースタジオ 個人情報保護責任者

提携企業が運営する教室をお選びの場合、ご希望の教室から直接お客様にご連絡するために、ご連絡先等の情報を弊社から提携企業に提供することがあります。ご提供いただいく情報は、弊社および提携企業それぞれで適切に管理・利用いたします。

上記をご承諾くださる方はご記入ください。

  • ※当サイト内でご紹介した内容は変更になる場合があります。
  • ※「GTEC」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。
  • (C)Benesse corporation/しまじろう・Mimi

情報セキュリティ強化 最新の取り組み状況

Copyright © Benesse BE studio Inc. All rights reserved.