BE studio 通信

2021/02/15

<会員向け>オンライン社会科見学
ライブ中継! ロボットのいる世界を見にいこう!

イベントレポート

<会員向け>オンライン社会科見学 ライブ中継! ロボットのいる世界を見にいこう!

記事の内容

「コロナで遠足が中止になった」「家族旅行に行けなかった」・・・そんな生徒たちの声が教室でも増えてきました。ビースタジオで、少しでも何かできることがないか・・と検討し、初の試みで遠足気分を味わえる中継を利用したオンラインイベントを開催しました。今回は、いつものスタジオを抜け出して、東京・お台場のKawasaki Robostage(カワサキロボステージ)と生徒の自宅をつないだオンラインイベントの様子をレポートします。

目次

  1. 1.イベントレポート
  2. 2.イベントに参加した方の感想

1.イベントレポート

今回のオンラインイベントは「オンライン社会科見学 ライブ中継! ロボットのいる世界を見にいこう!」をテーマに、年少~小2と小3~6の2つのグループに分かれて開催しました。両グループを合わせて約260名のビースタジオ生が参加しました。

Zoomをつないで待っている子ども達は、音声をミュートにしてイベントの始まりを待ちます。

時間になって進行役の講師が“Good morning everyone!!”と登場すると、ぱっと目が輝き“Good Morning!!”と口々に返す子どもたち。

さあ、いよいよイベントの始まりです!

今回は、スペインから来たクリス先生と日本人のナミ先生が進行を務めます。クリス先生が、“I am really happy to see all of you here! Welcome to the Kawasaki Robostage showroom.”(皆さんに会えてうれしいです!ようこそカワサキロボステージ ショールームへ!)とはじめのあいさつをします。先生が話している場所に気づいた子どもたちの目が輝きます。「見て!ショールームだ!」と画面をおうちの方に見せている子も。

まずは、“Arm(腕)”や“Move(動く)”などロボットや化学術に関する単語や短文を先生と一緒に楽しく声に出して練習します。イラストとアルファベット、ジェスチャーなど、先生がヒントをたくさん出してくれるので、初めて触れる語句でも「こんな意味かな?あんな意味かな?」と子どもたち自身が意味を推測しながら練習していきます。

次は、お楽しみのロボット見学です!目の前に登場したロボットに歓声が上がります!

そして、目の前のロボットを見ながら、子どもたちが大好きなクイズタイムがスタートします。

“Now, it's quiz time!(クイズの時間です。) What does this robot do?(これは何をするロボットかな?) Can you guess? Let me give you three options.(想像して!答えを3つから選ぼう!)”

クイズは、オンラインイベントを実施しているアプリ、Zoomの機能を使った投票形式で回答します。仲間がどれに投票したのかがリアルタイムにわかる画面が表示されるので、子どもたちは、「みんな1にして!」「2だよ!」など大興奮。

先生が“The answer is 1!”と発表すると、わっと盛り上がります。
そして何を目的としたロボットでどんな動きをするのか、先生の解説が始まります。最初にみんなで確認した、“Arm(腕)”や“Move(動く)”などのロボット用語も出てきます。ロボットが正確な量の液体をこぼさずに移動する実演を見ながら、先生の説明に耳を傾けます。幼児が多いグループも知っている知識と先生のジェスチャーやヒントを元に内容を理解しようと頑張っている姿が画面越しから感じられました。 <

先生が話しながらショールームを移動していくと、別なロボットの登場です。また「このロボットは何をするためのロボットでしょう?」のクイズで盛り上がります。今度のロボットは似顔絵を描くロボットです。先生の説明を聞きながら、どんな絵をロボットが描くのかと子どもたちは興味津々の様子です。

先生が、みんなも似顔絵を描いてみようと促します。あらかじめ準備しておいた、紙とペンを使って先生をモデルにして思い思いに描きます。同時に、似顔絵ロボットもお絵かきスタート!絵が完成した後は、描いた絵をみんなで見せあいました。ロボットが短時間で描いた緻密な画風に驚いたり、先生に素敵!と褒められて喜んだり。とても楽しい時間です。

力持ちの大型ロボットなど、いくつか見学した後は、カワサキロボステージのスタッフでもある、ロボット博士にインタビューを行いました。質問する子は、カワサキロボステージの中のスクリーンに映し出されます。子どもたちは、友達とロボット博士のやり取りに耳を傾けます。私もインタビューに挑戦したいと手を挙げる子もたくさんいました。

最後は、それぞれ「また会おうね!」と互いに手を振りながら、終了しました。

2.イベントに参加した方の感想

※()内は英語学習歴

年少~小2年生のグループから

いろんなロボットを見ることができ子供も楽しめました。(半年未満)
クイズ形式で楽しくロボットを知ることが出来ました。なかなか知る機会がなかった事と、オンラインでの見学は今のご時世でとても有難いです。(半年~1年未満
コロナ禍で、外出がしにくいなかで、社会科見学できたこと。みんなと繋がっている一体感を感じられた。(1年~2年未満)
イベントが終わり次第すぐに、子供がとっても楽しかった!と嬉しそうに報告してくれました(2年~3年未満)
ただ、見ているだけではなく、子供達が参加できる形だったのがとても楽しめました。(3年以上)

小3~6年生のグループから

ロボットについて詳しく教えてくれたこと。英語を使って会話ができた。(3年以上)
意外な事をしてくれるロボットについて知ることができて面白かった。(3年以上)
英語で社会見学できて、ありがたいです。とても楽しく、勉強になりました。(3年以上)
最後に質問するのが緊張しましたが全体的にとても楽しかったとの事です。 (3年以上)
事前配布のプリントのお陰で、単語を意識して聞けた事。子供はロボットへの興味で、英語に身構える事なく参加できた。(3年以上)

ビースタジオの英語イベントでは、子ども自身が「やってみたい」ことを、英語で成しとげることで自分の活躍する世界が広がりを体感できるよう、豊富なテーマをご用意しています。教室で学んだ英語をフル活用して自己表現ができるようになることで、子どもたちの「英語で学ぶ」意欲を引きだしてまいります。

↑

無料体験レッスン
からはじめてみませんか

レッスンの内容や教室の雰囲気を知っていただくために、
実際のレッスンを受けてみることをお勧めしています。


教室がお決まりの場合は
無料体験レッスンを申し込む

ご質問やご相談も気軽にお電話ください!
0120-815(えいご)-896(はぐくむ)

受付時間 10:00~18:00(日・祝・年末年始を除く)

※電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。
※通話料は無料です。

※一部のインターネット回線からは03-6633-8536へおかけください。(ただし通話料がかかります)

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の取り扱いについて>
ご提供いただく個人情報は、お申込みいただいた商品のほか、学習・語学の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは個人情報お問い合わせ窓口(0120-815-896通話料無料、日・祝・GW・夏期・年末年始など所定の休日を除く、10時~18時)にて承ります。
(株)ベネッセビースタジオ 個人情報保護責任者

提携企業が運営する教室をお選びの場合、ご希望の教室から直接お客様にご連絡するために、ご連絡先等の情報を弊社から提携企業に提供することがあります。ご提供いただいく情報は、弊社および提携企業それぞれで適切に管理・利用いたします。

上記をご承諾くださる方はご記入ください。

  • ※当サイト内でご紹介した内容は変更になる場合があります。
  • ※「GTEC」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。
  • (C)Benesse corporation/しまじろう・Mimi

情報セキュリティ強化 最新の取り組み状況

Copyright © Benesse BE studio Inc. All rights reserved.