Benesse

トップ > 導入事例「アークキッズアカデミー 遠藤好子さん・夏目由香さん・増田文子さん」

アークキッズアカデミー様(静岡県)「「心を育てたい」という思いは同じ。だからベネッセを選びました」

国際社会に貢献するには英語が必要

遠藤好子先生

「私たちアークキッズアカデミーは、子どもの心を豊かに育み、能力を引き出すことを0歳から小6までの一貫教育によってめざしています」と語るのは、遠藤好子先生。ピアノ教師だった遠藤先生は「子育ては幼児期で決まる」と考え、「アークキッズアカデミー」を開校。四半世紀にわたって静岡県で幼児教育に力を注いできた。現在、静岡・清水・焼津・藤枝・掛川の5教室を展開。「胎教コース(妊娠2ヶ月〜)」から「幼児コース(0歳〜6歳)」「小学部コース(小1〜6年生)」までを用意している。

「私たちの願いは、思いやりのある子、社会のために尽くせる子を育てること。そして将来、海外に出て、世界の人々と協力し良い世の中を作ってほしいと思います。そのために必要な英語を幼児教室でも教えようと何年も試行錯誤を重ねてきた結果、『ベネッセの英語教室 BE studio』に出会ったのです。『ベネッセの英語教室 BE studio』のコンセプトは、私たちの幼児教育の理念に通じるものがありました。また、多くの生徒が受講している『こどもちゃれんじ』の教材も、子どもの成長に合わせ、先を見据えて教育内容が進んでいくように体系化されています。ベネッセと私たちの教育方法は一致していました」。そこで、2013年8月、焼津教室、藤枝教室、掛川教室に『ベネッセの英語教室 BE studio』を開校。幼児教育を担当する2人が、英語の先生を兼任することになった。

英語のレッスンが、自信や積極性も育む

(左)増田文子先生(右)夏目由香先生

英語を教えている2人は、夏目由香先生と増田文子先生。ベネッセのインストラクターのもとで6日間の研修を受け、“先生”に認定された。「研修が終わった時は、達成感で号泣しました」と顔を見合わせて笑う。英語のレッスンを受けている生徒は、幼稚園の年少組から小学6年生まで。幼児教室に通っている子どもたちやその兄弟姉妹、いとこも多い。また、その子たちが紹介してくれた生徒もいる。夏目先生は子どもたちの成長についてこう述べた。「どの生徒もみんなの前で英語で発表する時は緊張します。こうしたハードルが毎回のレッスンにあり、飛び越えるたびに力がついてきますね。

発表を終えた後は、みんなで拍手をします。応援する気持ちやチームワークの大切さも伝えているのです。自信を得ると、堂々と発表できるようになります。ある生徒のお母様が小学校の授業参観でお子さんが手を上げてハキハキと発言する姿をご覧になり、『英語教室のおかげです』と喜んでいらっしゃいました。英語教室に来た当初は、消極的な生徒だったんですよ」

子どもたちといっしょに私たちも成長

「私たちがレッスンに力を入れれば入れるほど、子どもたちはその熱意を察知してくれます。みんなが新しい英語のフレーズを大きな声で言えるように、ご家庭で何度もCDを聞き、練習してから教室に来るんです。その満足感が表情に出ているので、生徒た

英語を学ぶ子ども達

ちが入ってきた瞬間、教室がぱっと華やぎますね」と語る増田先生。夏目先生と連携を図り、生徒の学習状況などを共有して、授業の質の向上に努めている。教室への通勤時も英会話のCDを聞くなど、英語力のブラッシュアップを続けると同時に 幼児教室の教材やノウハウも最大限に英語のレッスンに活かしているそうだ。 「私たちが幼児教室で実践する心の教育が、子どもたちの能力を伸ばすのにいかに重要か。日々のレッスンの中で実感しています」(増田先生)。2人はベネッセのインストラクターの資格も2日間の研修で取得。今後は英語の先生を養成したいと意欲を口にする。最後に遠藤先生はこう述べた。「子どもたちといっしょに私たちも成長できるんです。その喜びと子どもたちの笑顔を糧に楽しく教えています」

「Benesseこども英語教室」のココがすごかった!

3人の心がひとつになった研修

ベネッセは密度の濃い研修を行って“先生”を認定している。この認定は「クォリティーの高い英会話教室が実践できる」とベネッセが認めた証なのだ。「アークキッズアカデミー」にベネッセの女性インストラクターが研修のために訪れたのは、2013年の春。「正直、辛かったです。でも、あの研修を経験したおかげで今があるのだと思います」と夏目先生。「軽い気持ちで参加した私に、怒涛の6日間が待っていました。受ければ受けるほど英会話を教えることに興味がわいて、終わった後は英語の世界に飛び込もうと決めました」と増田先生も振り返る。研修を重ねて2人とインストラクターとの心はひとつになった。現在もその絆は強い。今ではインストラクターの資格を持つ夏目先生と増田先生は「優しさが厳しさで守られていることに改めて気づいた」と語る。

担当者の声

子どもの本気の成長を考える先生方が創り出す信頼感
アークキッズアカデミー様は代表の遠藤先生をはじめ、教室全体で「グローバル社会で活躍できる子どもを育てる」ことを目標にされています。その様な大きな目標の下、増田先生、夏目先生ともに子どもの立場になって親身に考えられる優しさで子ども達の成長を支援されています。だからこそ、英語教室、幼児教室ともに生徒・保護者の高い信頼感・満足度につながっているのだと思います。子ども達の成長のために日々奮闘されている先生方の期待にこたえられるサポートを弊社もしてまいりたいと思います。

担当者と遠藤好子先生と夏目由香先生と増田文子先生

03-5320-1162 受付時間10:00〜12:00/13:00〜17:00(土日祝年末年始を除く) お問合わせ・資料請求フォームへ ページの先頭へ